ライブに行って帰るだけではもったいないので何時も周辺をウロウロするのですが今回は福岡から少し足を伸ばして佐賀まで行ってきました。
まずは一度も行ったことがない大宰府天満宮に行くことに。
天神まで地下鉄で行って西鉄に乗り換えて行きましたがレンタカーを借りるのは2泊する時だけなので電車で移動するのも良いものです。
行ってビックリしたのはBYの方々ばかりです。
日本の観光地は何処に行ってもBYの方々ばかりですね。
別に敵意はないのですが・・
皆さん、声がデカイ。大声で騒ぐ。群れる。品位がない。ファッションが派手。写真は必ず自分を入れて撮影するので自撮り棒ばかり目立つ。何故かサングラスをしている人が多い。
何だか悪いことばかり羅列していますが敵意はありませんので・・(笑)

そしてその後はJRで鳥栖まで行って長崎本線に乗り換えローカル線で私が以前から行きたかった場所に。
吉野ヶ里歴史公園にやっと行くことが出来ました。
以前、何年か前に車で博多から鹿児島の指宿まで縦断したことがあり、その時に寄ったのですが門の前にたどり着くと『本日、台風接近の為臨時休園』の文字が。
ウソや~風なんて全然吹いてないやん!と大声で叫んだことが思い出されます。

吉野ヶ里歴史公園は弥生時代の環濠集落の遺跡群ですね。
何でこんなものに興味があるのかと言うと私は小学生の頃、考古学で有名な大学教授と知り合いで遺跡の発掘に何度も参加させて貰っていた経緯があるのです。
という訳で縄文・弥生時代にはかなり詳しく今でも血が騒いでしまうのですね。
一緒に行った嫁さんは何の興味もなくかなり引いていましたが・・

イメージ 1

縄文時代が1万3000年も続いていことを考えると弥生時代なんて最近のことですね。
やはり全体が見渡せる高台にあります。
外壕と内壕の二重の環濠で木柵があるという事は戦いがあった証拠です。
今の時代でも北朝鮮とアメリカのようなことがあるのですから喜び・悲しみ・恐れ・怒り・嫌悪・期待・信頼と言うような感情なんて何も変わっていないってことですね。
青森県にある縄文時代の三内丸山遺跡には是非、行ってみたいのですがコブクロのライブが青森県ではやらないので何時になることやら。

そしてもう一つ、前々から行きたかった場所へ。
それは博多駅の在来線ホームにある立ち食い蕎麦ならぬ“立ち食いとんこつラーメン”
です。
新幹線の利用ばかりで在来線ホームに行くことがなかったのでチャンスがありませんでしたがやっと食べることが出来ました。
安い割にはめっちゃ旨かったですね。
特にとろとろのチャーシューとスープのバランスが最高でした。
次に福岡に行く時も必ず寄りたいと思います。

イメージ 2