2018年07月

コブクロの京セラドームFINALに参加してきましたが前日のSemifinalでは何と
『ゆず』がゲストで来ていたそうで少しがっかり。
本当はFinalに参加予定だったのでしょうが『ゆず』のお二人のスケジュールの都合だったのでしょうね・・残念。

でも黒田くんの鉄板ネタ『おかん』のMCは最高ですね。
今年は静岡・広島・名古屋・京セラと参加してきましたが一番の爆笑ネタでした。
DVDの撮影が入っていたのでまた見られることでしょう。

それにしてもLEDライトの美しさは圧巻でした。
まるでハッブル宇宙望遠鏡でズームした球状星団の画像のような美しさで感動ものでした。この光景を見るだけでも行く価値はあると思います。
そのLEDライトの光景を見ていて面白いことに気づきました。
アリーナではLEDライトを持っている率は見た目ですが9割以上でスタンド1Fで6~7割、2F、3FになるにつれてLEDライトを持っている人が極端に減っていきます。
やはりチケットも会員先行順にうまく割り振りされているようですね。

お客さんは44,000名だったそうでチケット代金が8,200円くらいだったかな?
一晩で3億6千万の売上ですね。
それにグッズの売り上げが加算される訳ですが営業利益はどれくらいなんだろうと
仕事に重ねて考えてしまいます(笑)

何より驚いたのは私たちの席の3塁側下段スタンドの客席に黒田くんが突然やってきて客席の椅子に上がって至近距離で歌ってくれるというサプライズがあり最高の展開でした。

それに『夢唄』が聞けるとは思ってもいなかったのでこれも良かったですね。

M01.YELL~エール~
M02.One Song From Two Hearts
M03.Million Films
M04.
ストリートのテーマ
M05.
君になれ
M06.2

M07.YOU
M08.NOTE
M09.Ring
M10.

M11.

M12.
ここにしか咲かない花
M13.
潮騒ドライブ
M14.Moon Light Party
!!
M15.
-わだち-

M16.ONE TIMES ONE

ENCORE
EN1.
夢唄
EN2.
焚き火の様な歌
EN3.
バトン

エンディング曲の『バトン』という曲も本当に良い曲ですね。
小野薬品のCM曲にもなっています。
自分がいて両親がいて祖父母がいて曾祖父母がいてそのず~と前から延々と命の
リレーが繋がれた結果、今の自分がいて、そのことについての感謝がありまた自分の子供から孫、ひ孫へと命のリレーが繋がっていくことについて改めて考えさせられる
良い曲だと思います。


コブクロ「バトン」イメージムービー


2年ぶりに関ハムに行ってきましたが暑すぎます。
恐らく参加者の平均年齢って間違いなく60歳以上でしょうね。
爺さんばかりの集いですのでこの暑さは命に関わりますね。
屋外ブースは2年前の約半分になっていましたがこの暑さで屋外はないですよね。
でもアマチュア無線というニッチ産業に毎年、これだけのイベントが開かれるのは有難いことです。
末永く続いてほしいものです。

イメージ 1


参考出品としてFTDX101DというRIGが出ていましたが触れないようにプラスチックのドームで覆われていました。
ドーム型は映り込んで写真が撮り辛いんですけど・・
  イメージ 2


そしてKENWOODからは参考出品でTS-890というRIGが出ていましたが990の少し
安価版という位置付けでしょうか。
イメージ 3

個人的にはICOMが一番だと思いますがどうなんでしょうね。
中学生の頃、TRIOの520なんて憧れの的でしたが最近はYAESUブランドもKENWOODも少し影が薄いような印象を持つのは私だけでしょうか・・

イメージ 4

この後はDYPさんとMZAさんと私とで何時もの料亭で真昼間から飲んで食事をして帰路に付きましたが皆さんお元気そうにされていて何よりでした。
それにしても春とか秋のもう少し気候の良い季節での開催は出来ないものでしょうかね・・

静岡のエコパアリーナと比べると走行距離は半分なのですごく近いような錯覚に捉われますがそれでも車で3時間ちょっと掛かりました。
平日のライブなので有給消化をしましたがお客様からは携帯に連絡が常に入りますので全く休んだ気がしませんでした。

セットリストは『桜』と『風』の順番が入れ替わり『ここにしか咲かない花』が消えて『蕾』が入るという内容でした。
個人的には滅多に聞くことが出来ない『新しい場所』と『STRAIGHT』を聞くことが出来て良かったです。
3次先行のチケットでしたがスタンドではありましたが花道のすぐ前という銀テープが取れる席に恵まれ感謝です。

M01.YELL~エール~
M02.One Song From Two Hearts
M03.Million Films
M04.
ストリートのテーマ
M05.
君になれ


M06.To calling of love
M07.
東京の冬
M08.
新しい場所


M09.Ring
M10.

M11.

M12.

M13.
潮騒ドライブ
M14.Moon Light Party
!!
M15.
-わだち-
M16.ONE TIMES ONE

ENCORE
EN1.STRAIGHT
EN2.
バトン



泊まった宿は何と名古屋駅の真上のホテルでした。
私は何時も嫁さんに『寝るだけなんやから東横インでええやん!』と言っているのですが
嫁さん曰く、『安っぽいホテルは嫌』だそうでいつも少しだけ良いホテルに泊まるのですが
やはりこのホテルはグレードが全く違いました。
独立したシャワールームがあり朝食のビュッフェも食材の質と味が他とは全然違います。
やはり高級と言われる所以はこういうところで差が出るのでしょうね。
客層も朝からコブクロTシャツを着て食事をしている人は皆無で欧米のビジネスマンの英語があちこちで飛び交い何処の国のホテル?と思ってしまいます。
とにかくJAのお客様が少なくビュッフェ会場を見渡せば約6~7割がBYのお客様で中国語が飛び交っています。
決してBYの方々に敵意も嫌悪感もないのですがガサツなお客様が未だに多いように思います。
ビュッフェとは言え食べきれない量をお皿に取り食べきれなければそのまま放置して出ていくという光景は日本人では有り得ませんね。
しかも皆さん、大声で宴会会場のような盛り上がりです・・
しかし日本のインバウンドを支えてくれている存在なので有難く思わなければならないのでしょうね。

次は22日の京セラドームに参加してその次は9月の宮崎行きとなります。
宮崎行は飛行機が各社満席なので鹿児島空港まで飛んでレンタカーで宮崎入りするつもりでしたが同じ鹿児島入りするなら新幹線のほうが便利だと思い地元の駅から『さくら』に乗り鹿児島に入ることにしました。
3時間半で鹿児島に到着しますので飛行場まで向かう時間と保安検査の時間etcを考えると新幹線のほうが遥かに早いかもしれませんね。
明日、出社すると仕事が溜まっていると思いますが明日を頑張ると土日の2連休ですので
頑張るしかありませんね。

イメージ 1

↑このページのトップヘ