本日は嫁さんと但馬湯めぐりスタンプラリー6つ目です。
熊本県阿蘇郡の黒川温泉は今年の7月に行って来ましたが地元の兵庫県内にも同じ名前の温泉があります。
名前からして如何にも高級そうな雰囲気の漂う温泉名ですね。
兵庫県中部の生野峠から更に20km近く内陸部に向かいます。
道中はもちろん携帯電話は圏外。
切り立った渓谷の恐ろしく細い道を延々と走れば何とか到着です。
 
イメージ 1
 
泉質はアルカリ性単純温泉で炭酸水素イオンを大量に含む泉質で肌がツルツルになると評判だそうですが但東町のシルク温泉と比べるとイマイチのような気がします。
この一週間は仕事が激務でしたのでゆっくりと浸かって疲れを癒すことが出来ました。
 
 
今日の夕食は自宅近くまで戻りここでゆっくり。
イメージ 2
 
地元ではそこそこ知られた店です。
この季節は牡蠣料理ですね。
コース料理になっていて牡蠣鍋・牡蠣フライ・牡蠣の煮浸し・焼き牡蠣・牡蠣ごはんetcと牡蠣づくしです。料金も1人前2.625円と手頃な価格です。
自宅から近いのでこの季節は必ずここを何度か訪れます。
年末を迎え仕事が更に忙しくなってきましたが何とかこのまま乗り切りたいものです。