今日は西日本の各地で季節外れの雹が降ったようですが当地2702市でも先ほどすさまじい〝雹〟が降りました。
地元新聞の動画では直径1cmの雹とのことですがこんな可愛いものではなく我が家では直径3cm程度のゴルフボールかと思わせるような巨大なものが沢山混じっていて自宅から見える周りのお宅のプラスティック屋根の物置やカーポートの屋根には無数の穴が開いています。
道路は雹が積もって真っ白。
瓦屋根の音も凄まじく割れるのでは・・と思うほどでしたが恐ろしいものですね。
昨日、上げたロングワイヤーアンテナも被害を受けているのかもしれませんが朝にならないと確認出来ません。
庭の草木もダメージが大きく枝や葉が雹の直撃を受け散乱していますが明日の朝、明るくなってから被害が拡大するのかもしれません。
私が自宅に戻ってすぐだったので車は助かりましたが恐らく走っていた車のボディも多く凹んだことでしょう。
それにしても動画の場所から10km離れているだけですが随分、雹の大きさが違うものですね。


以前から準備をしていましたがやっと釣り竿アンテナのエレメントを延伸しました。
釣り竿アンテナではなく単なるロングワイヤーですね。
AH-730から釣り竿まで1m
釣り竿の長さが垂直に5.4m
釣り竿の先端から第1マストまで6m
第1マストから第2マストまで18m
第2マストからベランダまでの引き下ろし4m
合計でエレメント長が34.4mとなりました。
まだ使用感は判りませんが1.8MHZでチューニングを取ると今まで自立タワーの途中に取り付けたAH-730が5秒程度カタカタと音を立てて整合を取っていましたがエレメントを長くしてから1秒程度でチューニングが取れるようになりました。
一番苦労したのが画像の第1マスト でした。
ベランダから地上高を稼ごうとするとマストや金具の重みがベランダの手すりに全て荷重が掛かるので不安視していました。
そこでベランダの外側に地面から足場鋼管を5m立ててそれをベランダの手すりで止めて足場鋼管とマストを連結させると荷重はすべて地面に逃すことが出来ます 。
マストトップの地上高は12mです。
マストの金属パイプは強度がありますが軽量なので強風が吹くと当然、少し揺れますので揺れを抑える為にエレメントがステー代わりにもなっています。
第1マストから第2マストへは鋭角に折り返しになっているのが気掛かりですが土地が狭いので仕方ありませんね。
第2マストは対角線の2階の位置に丁度、小さなベランダがあるのでアンテナ取り付け金具を取り付けてマストを伸ばしています。
これで台風以外はこのままで使用出来るのではと思っています。
1.8MHZと3.5MHZを運用する為のアンテナです。
昨夜は3.5MHZCWでWのCQJAが聞こえていましたのでFT8なら少しは飛んで聞こえるのかもしれません。 
 

 0406

何時から書き込みをしていないのかと思ったら約1か月ぶりのようです。
それにしても忙しくとても無線を楽しむ余裕がありませんね。
自分が蒔いた種なので誰にも文句は言えないのが辛いところなのですが年度末がやっと終わったと思えば翌日から自動的に新年度となり相も変わらず多忙が続いています。

34県への進出を目論み行動を起こしていましたがライバル会社と同じタイミングでの進出となり機転を利かしてそのライバル会社と手を組んで地元企業に挑むことになり結果は思った通り・・
TT県庁の隣の病院や日本一大きな池の畔の病院等で取引が始まり3401市内で既に8病院と取引が始まっています。
そして今は9番目と10番目が同時でリーチ状態に・・
お陰で朝9時には現地に入らなければならないことが多く自宅を7時過ぎには出発して3401市に向かうことが多くなっています。
それでも無線のことを忘れている訳ではなくAH-730に繋いだ釣り竿アンテナのエレメントを延伸するためのポールの設置もやっと終わり完成するとベント型にはなりますが屋根を超えて全長は25m~30m程度となりそうで160mと80mでのFT8で使えるかもと期待しています。
天気が良ければこの土日で終わらせようと思っていますが時間が取れるかどうか・・

↑このページのトップヘ