嫁さんと共に携帯のキャリアを乗り換えようとしています。
au→UQに乗り換えですが今使っているiPhone12miniのバッテリーも80%になっているので乗り換えは来週にして今日はまず機種変更をしました。
12miniから15に変更したのですが価格は14万円少し。
機種代金として月々1,400円×2年(24ヵ月)を支払えば2年後の残金は106,000円ほど残っているはずですがその時点で新しい機種に変更して本体を返却すれば残金は払わなくても済むと説明されました。
おまけに他社への乗り換えも自由だとか・・
今、使っている12miniも返却しますのでこの買取価格も加味されているのでしょう。
これってどういうカラクリなのか良く判りませんが恐らく車の残価設定と同じような感じがしますね。
2年ごとに乗り換えて新しい機種を使いたい人にはピッタリです。
でも2年後に返却するということは中古のiPhoneの行き場が確約されているからこそだと思うのですがそんなに要求度が高いのでしょうか?
要求度が高いと言うのは恐らく国内ではなく海外なのかもしれません。
日本人はスマホケースに入れてフィルムを貼って大事に綺麗に使うので中古でも高値で売れるのかもしれませんね。
私の使っていたiPhone12miniも何処かの国の誰かが使うのかもしれません。
来週はau→UQに乗り換えますがUQはauの傘下ですしauサービスのすべてが引き継げるうえに携帯代金が安くなるので少しくらいのデメリットがあったとしても良い選択だと思っています。
でも2年ごとに機種変更をすればお得ですよ感を漂わせているのは携帯会社の手のひらで転がされているような感も否めませんね・・

 

食わず嫌いなのかあまり興味のないFT8ですが先日の関ハムで皆さんから刺激を頂き少し積極的にやってみようと思いFT8専用パソコンを久しぶりに立ち上げたのですが殆どやっていないので良く解らない・・
どうするんだったっけ・・すっかり忘れてしまっています。
いろいろ触っていたのですがそんな中、ディスプレイにはいろいろと表示させなければならず1つのディスプレイだと窮屈だなと思っていましたがネットで調べているとディスプレイを2画面にするって当たり前なのですね。
そう言えば会社のパソコンもデュアルモニターなので納得です。
ただ、今のディスプレイの横にもう1つのディスプレイを置くスペースがなく棚の上に置いても下から見上げるようになるので角度が合わずどうしたものかと色々と検索しているとディスプレイアームで浮かすと良いことを知り早速、アマゾンに発注してみました。
まだ仮付けの状態ですがディスプレイを上下に設置することが出来て何だか操作性が飛躍的に向上したような気がしています。
ディスプレイアームを使うという手があったのですね。
ただ、これは皆さんが普通にされているようでまだまだ分からないことばかりですが慣れることが一番の近道なのかもしれません。
もう少しシャックのレイアウトを見直して見栄えが良いようにしたいと思います。

IMG_4355
 

IMG_4338

今年は初めてオープニングセレモニーに間に合いましたがこのニッチ産業でこのような催し物が開催されることは本当にありがたいものですね。
全く無線に関係がない人が見たら相変わらずどこかの老人会の集まりだと思われても仕方のない年齢層ですが出来るだけ末永く続いて欲しいものです。

幾つか気になったことがありました。
アイコムブースで担当者にいろいろ話しかけられていましたが横で聞いていると無線機やPW2への質問というよりも何かのクレームを付けているご老人が多かったですね。
老害?これは意外でした。
そして午後から小ホールで行われた『夢は叶う昭和基地』という講演では本当にイビキをかいて寝ている人や携帯の着信音を鳴らして講演中にも関わらず普通に電話に出て話しながら外に向かう爺さん、又は通路側のすぐ横に座るので奥に入れなかったりと当たり前の気遣いと言うかマナーを知らない人が目立ち同じ趣味をしている立場からすると少し残念でしたね。

それでも今回、ご一緒させて頂いたOM各氏のお陰でいろいろな話を聴くことが出来て少しやる気が出て来ました。
80歳で今からFT8に挑戦されるOMさんともお話が出来ましたが終活でタワーを撤去されてからまた今からFT8で復活される姿勢には感服しました。
やはり家族のことを考えて終活でアンテナ設備を小さくされるような方はきっと講演中に携帯を鳴らして普通に会話をするような人ではないのでしょうね

私は現在、殆どQRT状態です・・
理由は仕事が忙しいと言うよりも仕事が一番楽しいので無線の楽しみに頼る必要がないと言うのが本音かもしれません。
そして『出来た』『出来ない』と言うことが自分や自分の家族に何の影響もないという事実を知ると何だか無線が色褪せて見えてしまうのも事実かもしれません。
それでも無線を辞めないのはやはり無線の何かに魅力を感じているからだと思いますのでそろそろ奮起しなければならないようです。
それにしてもPW2・・欲しいですね。
資格はありますが予算が・・700K超えとなるとかなりの勇気が必要ですhihi


↑このページのトップヘ